4つの実践力(管理職研修)


 

◇ 「4つの実践力」研修は、「部下一人ひとりと向き合うこと」を学び、学んだことの

  「職場での行習慣化」によって、部下との信頼関係を深めいただくこと狙いと

  しておりま

 

◇   メンタルヘルス対策にも大変有効です。

 

4つの実践力研修>>


4つの実践力の目的

◇ 研修期間中4つの実践力」をもって、部下

  一人ひとりと徹底的に向き合ってもらいます。

 

◇ 研修後に、部下の反応を聴き取り、結果を研修受

  講者にフィードバックします。 

◇ 本研修で、集合研修(座学)と現場における実

  践を繰り返します。

 

◇ すなわち、集合研修のみで研修を終わらせず、集

  合研修で学んだことを実地で職場に戻っ実践し

                                             ていただき、その結果を次回の研修で振り返り、

                  より効果的な実践に向けた課題を共有します。

 

                                                  ◇ これにより、自分の経験のみでなく、同じ立場にあるほかの管理職の経                                                             験も知る機会となり、部下と向き合う姿勢づくりに寄与します。  

                   


4つの実践力とは?

◇ 管理職であればできていて当たり前と思われがちな「部下一人ひとりと向きこと」

  が意外とできていないことが多いものです。それは管理職自身も1プレイヤーとして

  目の前の仕事や目標に忙殺されることなどに主な要因があります。部下に対する育成

  マインドを醸成する上では、部下一人ひとりに関心を持ち、向き合い、その部下の成

  長を一緒に考えることが欠かせません。まずは、管理職としての原点に立ち返ること

  が大切と考えます。

 

◇ 部下一人ひとりと向き合うことは、具体的には4つの実践力」を職場で実践するこ

  とです。これらの実践が求められるのは、管理職ともなれば自身のみで成果を上げる

  役割、責任を負う立場ではなく、部下を含めた部門、部署全体の成果を上げることが

  期待される立場であるためです。

  

◇ 本研修では、アクションラーニング形式により、あらためて各実践力の定義や意義を

  講義や演習を通じて理解すると同時に、その後、実際に職場で実践し、その経験を研

  修の場で振り返り、他の管理職と共有することを繰り返しながら学習し、職場での行

  動習慣につなげて行きます。  



研修内容(例)

◇ 本研修主な内容予定)は以下のとおりです

  (各テーマごとの職場実践期間を1か月、全体の取組み期間を約4か月とする場合)



※『4つの実践力研修』は、様々な組織・人事施策に活用・展開していただいて

  います。興味をお持ちの方はお問い合わせください。

 

    お問合せはこちらへ