関係の質の向上(組織の成功循環モデル)


結果だけを追い求めると、なかなか目標は達成できない。>

「組織の成功循環モデル」は、マサチューセッツ工科大学のダニエル・キム教授が提唱している理論です。組織が成果を上げ続け、成功に向かう過程や仕組みを明らかにしたもので、組織としての「結果の質」を高めるには、一見遠回りに思えても、組織に所属するメンバー相互の「関係の質」をまず、高めるべきです。

 

【悪循環サイクル】

④成果・業績が上がらない(結果の質)

①対立が生じ、押し付け、命令・指示が増える(関係の質)⇒パワハラに繋がることも!

②創造的思考がなくなる、受け身で聞くだけ(思考の質)

③自発的・積極的に行動しない(行動の質)

④さらに成果が上がらない(結果の質)

①関係がより悪化する、なすり合い、自己防衛(関係の質)

創造的思考がなくなる、受け身で聞くだけ、自分には関係ない(思考の質)

となり、バッドサイクルが回り続けてしまいます。

 

【好循環サイクル】

①互いに尊重し、結果を認め、一緒に考える(関係の質)

②気づきがあり、共有され、当事者意識を持つ(思考の質)

③自発的・積極的にチャレンジ・行動する(行動の質)

④成果が出てくる(結果の質)

①信頼関係が高まる(関係の質)

②もっと良いアイデアが生まれる(思考の質)

といった、グッドサイクルが回り続けて行きます。

 

バッドサイクルは、結果だけを求め、目先の数字や成果などの「結果の質」を向上させようとすることから始まります。しかし、なかなか成果が上がらず「結果の質」が低下すると、組織に対立が生じ、パワハラめいた押し付け、指示、命令が横行するようになり、「関係の質」が低下して行きます。同僚との「関係の質」が悪化すると、当然、メンバーは仕事を面白いとは感じられません。自ら考えることをやめて受け身になってしまい、「思考の質」が低下。自発的・積極的に行動しなくなり、「行動の質」も低下し、成果が上がりにくくなってしまいます。つまり、さらなる「結果の質」の低下を招いているわけです。ときには一時的に成果が上がるかもしれないが、それはメンバーが追い詰められた状態で出した成果にすぎないので、持続せず、結局同じサイクル(悪循環サイクル)が回り続けてしまいます。

 

 一方で、グッドサイクルは、「関係の質」を高めるところから始めます。「関係の質」を高めるとは、相互理解を深め、お互いを尊重し、一緒に考えることす。ここから始めると、メンバーは自分で気づき、面白いと感じるようになり、「思考の質」が向上し、多くの意見やアイディアが出るようになります。面白いと感じるので、自分で考え、自発的に行動するようになり、「行動の質」が向上して行きます。その結果として「結果の質」が向上し、成果が得られ、その実績によって今まで以上に信頼関係を高めることに繋がり、「関係の質」がさらに向上し続けるサイクル(好循環サイクル)が回り続けて行きます。

 

 

 一見、遠回りをしていると感じるかもしれませんが、何よりもまずメンバーとの人間関係の質を高めることが、成果を持続的に出していくための近道なのです。


承認研修を実施し「関係の質」を高め、お互い認め合う職場環境を構築することは、ハラスメントの防止や従業員の定着にも大変有効です!