人事・労務監査(簡易版)

8分野10項目(計80項目)の労務リスク診断を行ないます!


 

労基署の調査 社員とのトラブル 労働組合との交渉……

 

御社は大丈夫ですか?

 

最近、こんな相談が増えています。

 ◇ 辞めた社員が労基署に駆け込み、高額な未払い残業代を請求された!

 ◇ 解雇した社員が「解雇は不当だ」と争いを起こした!

 ◇ うつ病になった社員の家族から、「長時間労働のせいだ」と損害賠償を求め

   られた!

 ◇ 社員が外部の労働組合に1人で加入し、その組合から団体交渉を求めらた!

 

労使紛争も増えています! 1年間の労働相談件数は1,000,000件を突破!

 社員とのトラブルや、労基署の調査がある前に、

 

「問題があるのかないのか」「問題があるとしたらどこにあるのか」

 

 をチェックし、事前に対策を講じませんか?


8分野10項目(計80項目)の労務リスク診断を行ないます!

 

 

■診断するのは、労基署がよくチェックをし、社員とのトラブルの原因にもなり  

 やすい下記の8項目です。

 

  「募集・採用」「労働時間・休憩時間」「賃金」「労働保険・社会保険」「安全

   衛生」「休日・休暇・休業」「退職」 「帳簿・就業規則・労働協約」

   重要なポイントに絞り、効率よく診断することができます。

 

 

■リスク診断のあとは、詳細のレポートを提出させて頂きます。

 

 詳細のレポート付きですので、担当者が「どのように改善したらいいのか」が

   すぐに分かります。就業規則の見直しなど、担当者では手に負えない改善が必要

   なときには、社会保険労務士がフォローします。

 

 


労務監査レポートのサンプル!

 

診断結果のサンプル

 

労務監査レポートのサンプル

 


 

お気軽に、お問い合わせください。